消費者金融のカードローンとクレジットカード・キャッシングは違う??

キャッシングとカードローンの違い

「キャッシング」とは一般的にキャッシュカードやクレジットカードを使ってATMなどでお金を引き出したり借りたりすることです。銀行口座を持っている人は、キャッシュカードで預金を引き出すことがありますが、それがキャッシングです。この場合は自分のお金なので単なる「引き出し」で、「借入れ」ではありません。しかしもしクレジットカードでお金を引き出したら、これは業者のお金なので「借入れ」です。要は借金なので返済しなければなりません。基本的に返済は翌月にまとめて全部返す一回払いか、「残高スライドリボルビング払い」となります。支払い時に借入れから支払いまでに経過した日数分の利息を上乗せして払います。一活払いの場合借入れ額を一回で返済するので、支払い時の負担は大きいですが、利息が少なくてすむのが特徴です。一方銀行や消費者金融の「カードローン」は「月々~円を返済」というように分割返済が一般的です。月々少額ずつ返済していけるので、毎回の返済時の負担は少ないです。しかし返済期間が長くなると利息が多くついてしまうという特徴があります。両方のメリット・デメリットがあるので、自分の返済能力と消費者金融審査甘い比較してベターな方を選ぶと良いでしょう。なお金利に関してはキャッシングの方が高めでカードローンは低めと言われています。そしてカードローンといっても銀行のカードローンのほうが消費者金融のカードローンよりも金利はふつう低く設定されています。場合によってクレカのキャッシング利率と消費者金融の利率が同じくらいということもあるでしょう。ですから借りる時にとにかく金利の低さを重視しているなら銀行のカードローンがベストと言えます。