年収の3分の1近く借り入れがある方は総量規制対象外ローンを選ぶのが重要

すでに年収の3分の1近く借り入れがある場合には、通常、別の消費者金融に借り入れを申し込んだとしても、審査の段階で断られてしまいます。これは、貸金業法と呼ばれる法律によって、年収の3分の1を超えるような貸し付けを禁止する規制、すなわち総量規制があることによるものです。したがって、はじめから総量規制対象外ローンを選んでおくことが重要であるといえるでしょう。
この総量規制というのは、借り入れをする1社ごとに計算するのではなく、すべての業者からの借り入れをあわせて年収の3分の1にあたるかどうかが判断されることになります。また、現在の他社の借り入れ状況についても、信用情報機関への照会によって、正式な貸し付け前の審査の段階で、どの程度の金額であるかが業者にわかってしまいます。そのため、たとえ他社からの借り入れ状況について、本人が事前に申告をしていなかったとしても、総量規制を免れることは難しいのです。
しかし、実は総量規制が適用されるのは、貸金業法の対象となっている消費者金融やカードローン会社からの借り入れであって、銀行からの借り入れであれば、銀行法という別の法律の対象であるために、総量規制対象外ローンとなります。総量規制対象外ローンとはいっても、もちろん所定の審査があり、そこで信用力が足りないと判断されれば、やはり断られてしまう可能性はありますが、少なくとも、総量規制によるの年収3分の1という条件の縛りはありませんので、トライしてみる価値はあるといえるでしょう。