不動産売却の青色申告とは

個人事業主の多くは青色申告のやり方で確定申告を行っています。白色申告でやっている人もいますが、控除が青色申告の方が多いためです。税負担を軽くする目的で青色申告を選んでいる個人事業主がかなりたくさんいるのです。その場合には、企業のようにして取引の1つ1つに関して仕訳を切る必要があります。そうすることで、複式簿記の方法で記帳することができます。売上は発生時に立てておいて、相手勘定を売掛金にします。入金されたときに、売掛金を預金や現金で打ち消すというやり方です。
不動産を売買することを業務として行っている場合には、不動産を購入したときに仕入の処理をします。不動産売却をしたときには、商品を売ったときの仕訳です。つまり、売上を計上します。
しかし個人事業主の中には、不動産の売買と全く異なる業種で開業していて、たまたま不動産売却をすることもあるでしょう。そういったときには、本業の仕事とは分けて申告する必要があります。仕訳や貴重などの処理も不動産売却に関しては行う必要はありません。
不動産の譲渡所得として、本業の事業所得とは別に計算するのです。基本的に、購入金額から売却時の金額の差を所得として扱うことになります。売却のために費用を支出した場合には、その費用も差し引けます。プラスになった場合は、本業の仕事の所得に、その利益を加えて税額を算定するのです。赤字になった場合には、本業の仕事の所得から差し引きます。