キャッシングとカードローンの違いは?

カードローンとキャッシング、どちらもカードを利用して金融機関から借り入れを行うことができるものですが、その違いは何でしょうか。
まず、キャッシングは主に短期間で借り入れを行うもので、最近ではクレジットカードに付帯しているサービスの一つです。利用状況などによっての限度額は異なりますが、一般的には50万円ほどが上限とされており、利用した金額と利息を合わせて翌月に一括返済を行うこととなります。
それに対してカードローンとは個人向けの無担保融資で、使途が定められていないフリーローンの一つです。担保がないため、個人の信用情報が重視され金融機関の所定の審査を通過することで利用できるものです。
一度審査を通過した限度額の範囲内では自由に借り入れを行うことができるため、枠内であれば自由に借り入れを行うことができます。金額が大きくなりがちなことから、返済方法はリボルディング払が主流で、毎月の約定返済日に一定の金額を返済していくことになります。また、借り入れの限度額が大きくなればなるほどに金利が低くなるという特徴もあります。最近ではインターネット上で24時間いつでも申込みが可能であったり、最短で即日融資が可能な消費者金融・金融機関も増えてきています。初めて利用した時に最初の30日間の利息が無料などといったキャンペーンが行われていることもあります。
しかし、以前に比べると気軽に利用・申込みできるようになったとはいえ、キャッシング・カードローンはともに借金であることに変わりないのでいずれにしても計画的な利用が重要です。
http://www.tppmpsfortransparency.org/cardloanshinsa.php