消費者金融のカードローンとクレジットカード・キャッシングは違う??

キャッシングとカードローンの違い

「キャッシング」とは一般的にキャッシュカードやクレジットカードを使ってATMなどでお金を引き出したり借りたりすることです。銀行口座を持っている人は、キャッシュカードで預金を引き出すことがありますが、それがキャッシングです。この場合は自分のお金なので単なる「引き出し」で、「借入れ」ではありません。しかしもしクレジットカードでお金を引き出したら、これは業者のお金なので「借入れ」です。要は借金なので返済しなければなりません。基本的に返済は翌月にまとめて全部返す一回払いか、「残高スライドリボルビング払い」となります。支払い時に借入れから支払いまでに経過した日数分の利息を上乗せして払います。一活払いの場合借入れ額を一回で返済するので、支払い時の負担は大きいですが、利息が少なくてすむのが特徴です。一方銀行や消費者金融の「カードローン」は「月々~円を返済」というように分割返済が一般的です。月々少額ずつ返済していけるので、毎回の返済時の負担は少ないです。しかし返済期間が長くなると利息が多くついてしまうという特徴があります。両方のメリット・デメリットがあるので、自分の返済能力と消費者金融審査甘い比較してベターな方を選ぶと良いでしょう。なお金利に関してはキャッシングの方が高めでカードローンは低めと言われています。そしてカードローンといっても銀行のカードローンのほうが消費者金融のカードローンよりも金利はふつう低く設定されています。場合によってクレカのキャッシング利率と消費者金融の利率が同じくらいということもあるでしょう。ですから借りる時にとにかく金利の低さを重視しているなら銀行のカードローンがベストと言えます。

男性の洗顔には固形石鹸がオススメ!

メンズ洗顔には”固形石鹸”が効果的!?

女性に比べて男性は皮脂の分泌が多めです。つまりいわゆる”脂ぎっている”という状態です。そのため洗顔もお肌の皮脂や汚れが落としやすいタイプが選ばれています。様々なクレンジングがありますが、今注目を集めているのが、洗顔石鹸です。石鹸タイプは汚れが落としにくいように感じますが、実はとても効果的なのです。洗顔石鹸を使用するメリットとおすすめの商品をご紹介します。

洗顔石鹸のメリットは?

石鹸の最大のポイントは、その”泡立ちの良さ”です。洗顔はお肌についた汗などの脂分やお肌に残った古い皮脂を落とすために必要です。これは水では落とせません。このような水溶性の汚れは、洗顔石鹸で落とせるので効果的なのです。しかし洗顔石鹸といえど、泡立てずにごしごしとお肌にこすりつけてしまっては逆効果です。必要な皮脂を落として乾燥肌へと変えてしまうので、必ずしっかりと泡立ててから洗顔しましょう。

オススメのメンズ用洗顔石鹸

〇NonA(ノンエー)・・・特にニキビ肌の男性に人気の洗顔石鹸です。ニキビを予防するだけでなく、無着色・無香料・無鉱物油といった無添加でお肌に優しい洗顔石鹸でもあります。〇どろあわわ・・・もちもちの泡が話題の洗顔石鹸です。毛穴の奥にまで泡が行き届き、きれいに洗い流してくれます。さらに、ヒアルロン酸や豆乳発酵液などの美容成分がたっぷり配合されているので、洗い上げのお肌を潤します。
洗顔石鹸最新ランキング|洗顔石鹸マニアがおすすめするNO.1はどれ?はこちら

不動産売却の青色申告とは

個人事業主の多くは青色申告のやり方で確定申告を行っています。白色申告でやっている人もいますが、控除が青色申告の方が多いためです。税負担を軽くする目的で青色申告を選んでいる個人事業主がかなりたくさんいるのです。その場合には、企業のようにして取引の1つ1つに関して仕訳を切る必要があります。そうすることで、複式簿記の方法で記帳することができます。売上は発生時に立てておいて、相手勘定を売掛金にします。入金されたときに、売掛金を預金や現金で打ち消すというやり方です。
不動産を売買することを業務として行っている場合には、不動産を購入したときに仕入の処理をします。不動産売却をしたときには、商品を売ったときの仕訳です。つまり、売上を計上します。
しかし個人事業主の中には、不動産の売買と全く異なる業種で開業していて、たまたま不動産売却をすることもあるでしょう。そういったときには、本業の仕事とは分けて申告する必要があります。仕訳や貴重などの処理も不動産売却に関しては行う必要はありません。
不動産の譲渡所得として、本業の事業所得とは別に計算するのです。基本的に、購入金額から売却時の金額の差を所得として扱うことになります。売却のために費用を支出した場合には、その費用も差し引けます。プラスになった場合は、本業の仕事の所得に、その利益を加えて税額を算定するのです。赤字になった場合には、本業の仕事の所得から差し引きます。

キャッシングとカードローンの違いは?

カードローンとキャッシング、どちらもカードを利用して金融機関から借り入れを行うことができるものですが、その違いは何でしょうか。
まず、キャッシングは主に短期間で借り入れを行うもので、最近ではクレジットカードに付帯しているサービスの一つです。利用状況などによっての限度額は異なりますが、一般的には50万円ほどが上限とされており、利用した金額と利息を合わせて翌月に一括返済を行うこととなります。
それに対してカードローンとは個人向けの無担保融資で、使途が定められていないフリーローンの一つです。担保がないため、個人の信用情報が重視され金融機関の所定の審査を通過することで利用できるものです。
一度審査を通過した限度額の範囲内では自由に借り入れを行うことができるため、枠内であれば自由に借り入れを行うことができます。金額が大きくなりがちなことから、返済方法はリボルディング払が主流で、毎月の約定返済日に一定の金額を返済していくことになります。また、借り入れの限度額が大きくなればなるほどに金利が低くなるという特徴もあります。最近ではインターネット上で24時間いつでも申込みが可能であったり、最短で即日融資が可能な消費者金融・金融機関も増えてきています。初めて利用した時に最初の30日間の利息が無料などといったキャンペーンが行われていることもあります。
しかし、以前に比べると気軽に利用・申込みできるようになったとはいえ、キャッシング・カードローンはともに借金であることに変わりないのでいずれにしても計画的な利用が重要です。
http://www.tppmpsfortransparency.org/cardloanshinsa.php

未成年がお金を借りる学生ローンとは

未成年は原則としてお金を借りることはできず、これは学生ローンや、おまとめローン銀行にも言えることです。
学生イコール未成年OKと考える方は多いですが、両者の意味はまったく異なるものです。
ローンにおける学生とは、20歳以上で安定的収入のある方を指しています。
つまりは安定的収入があっても、未成年だと借りることができないのです。
クレジットカードは18歳からOKのカードがあるのでローンも勘違いしがちですが、ローンは原則として20歳以上からとなります。
クレジットカードにおいても、ローン機能を付帯する場合は未成年は利用できません。

ただ100%のローンが対応外ではなく、一部だけ対応している業者はあります。
この場合は保護者の同意を得ることができれば、18歳でも借りることが可能です。
専業主婦が配偶者の同意を得て融資を受けるのと似ています。
少額の希望にしておけば、即日で借入できることもあります。
即日融資を受けるコツは、金額を数万円にしておくことです。
未成年の場合は高額融資は受けられないので、数万円程度にしておくのが好ましいでしょう。
希望額が大きくなるほど、それに見合った信用力が必要となるのです。
ローン利用において最も信用力が低いのは、契約をする段階なのです。
即日でお金を用意したい場合は、とにかく審査に通過しなくてはいけません。
そのためには無理な希望額を設定せず、できる限り少なくすることです。
配偶者ともよく話し合って、無理のない金額を決めていきましょう。

年収の3分の1近く借り入れがある方は総量規制対象外ローンを選ぶのが重要

すでに年収の3分の1近く借り入れがある場合には、通常、別の消費者金融に借り入れを申し込んだとしても、審査の段階で断られてしまいます。これは、貸金業法と呼ばれる法律によって、年収の3分の1を超えるような貸し付けを禁止する規制、すなわち総量規制があることによるものです。したがって、はじめから総量規制対象外ローンを選んでおくことが重要であるといえるでしょう。
この総量規制というのは、借り入れをする1社ごとに計算するのではなく、すべての業者からの借り入れをあわせて年収の3分の1にあたるかどうかが判断されることになります。また、現在の他社の借り入れ状況についても、信用情報機関への照会によって、正式な貸し付け前の審査の段階で、どの程度の金額であるかが業者にわかってしまいます。そのため、たとえ他社からの借り入れ状況について、本人が事前に申告をしていなかったとしても、総量規制を免れることは難しいのです。
しかし、実は総量規制が適用されるのは、貸金業法の対象となっている消費者金融やカードローン会社からの借り入れであって、銀行からの借り入れであれば、銀行法という別の法律の対象であるために、総量規制対象外ローンとなります。総量規制対象外ローンとはいっても、もちろん所定の審査があり、そこで信用力が足りないと判断されれば、やはり断られてしまう可能性はありますが、少なくとも、総量規制によるの年収3分の1という条件の縛りはありませんので、トライしてみる価値はあるといえるでしょう。